旧石井県令邸へようこそ!

kenreitei.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

クリスマスツリー

12月2日から5日まで開催するクリスマス小品展の準備
a0141072_22473748.jpg
クリスマスツリーの飾り付け
a0141072_22481998.jpg

皆様のお越しをお待ちしております。
a0141072_22501861.jpg

旧石井県令邸企画 クリスマス小品展 
2011年122(金)3(土)4(日)5(月) 11:00~16:00  入場無料 
会場 旧石井県令邸

出品作家 石川美奈子、石川深雪、岡田卓也、大石早苗(雪虫キャンドル)、太田代紗希
片桐宏典、ケイト・トムソン、金沢英徳、菊池翔、早坂幸子、土家工房、斎藤由夫、関向由紀子

さまざまな作品が集まりますemoticon-0171-star.gif


にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村
by kenreitei | 2011-11-28 22:54

「POSTCARDS FROM JAPAN」

「POSTCARDS FROM JAPAN」展 2011年10月3日から11月27日
■会場:Japan Society Gallery
■住所:333 East 47th Street, New York, NY 10017, USA
■Tel: 212 715 1283
■Fax: 212 715 1262
a0141072_1158070.jpg
昨日までニューヨークで開催していた「POSTCARDS FROM JAPAN」展に、先週行って観る事ができました。(次の巡回場所はロンドンです。)
a0141072_11591159.jpg
ジャパンソサイティでの展示の様子
a0141072_1254966.jpg
a0141072_1271587.jpg
a0141072_127366.jpg
a0141072_1264729.jpg
a0141072_1262617.jpg
a0141072_129041.jpg

「POSTCARDS FROM JAPAN」展の次の巡回場所は、2011年12月8日から1月末まで
在英国日本大使館ギャラリー、ロンドン、英国
Japan Information and Cultural Centre
101-104 Piccadilly, London W1J 7JT, UK
Tel:020 7465 6587     です。

にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村
by kenreitei | 2011-11-28 12:13

NYで美術館めぐり

ニューヨークに行ってきました。
a0141072_7411193.jpg
メトロポリタン美術館
a0141072_744494.jpg
とっても広い。。
a0141072_7571452.jpg
a0141072_744338.jpg
次、行って観る!グッゲンハイム美術館
a0141072_7504282.jpg
a0141072_7514031.jpg
中は、ぐるぐると上まで続くらせん型の回廊を上がる形で鑑賞できました。
a0141072_9134523.jpg
そしてニューヨーク近代美術館(MoMA)
a0141072_9334843.jpg
a0141072_10111880.jpg
夕方行ったので、すごい人でしたが、とてもおもしろかったです。




にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村
by kenreitei | 2011-11-28 10:53

クリスマス小品展

旧石井県令邸企画
クリスマス小品展 2011年12月2(金)3(土)4(日)5(月) 11:00~16:00  入場無料

出品作家 石川美奈子、石川深雪、岡田卓也、大石早苗(雪虫キャンドル)、太田代紗希
片桐宏典、ケイト・トムソン、金沢英徳、菊池翔、早坂幸子、土家工房、斎藤由夫、関向由紀子

a0141072_22382560.jpg
岡田卓也さん作品。
a0141072_2239198.jpg
早坂幸子、油彩ポストカード2011
a0141072_2240346.jpg
ケイト・トムソンさんの彫刻
a0141072_22403265.jpg
片桐宏典さんの彫刻
a0141072_2241409.jpg
関向由紀子さんマフラー
a0141072_22425684.jpg
菊池翔作品。

皆様のお越しをお待ちしております。
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村
by kenreitei | 2011-11-19 22:54

地図

a0141072_2347291.jpg

旧石井県令邸はキンダーホームの赤い看板が目印です。
〒020-0875 岩手県盛岡市清水町7−51

にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村
by kenreitei | 2011-11-16 23:51

撮影会

a0141072_1711541.jpg
2011.11.12撮影会の様子
a0141072_17133192.jpg
a0141072_17131864.jpg
a0141072_17233170.jpg


またお待ちしております。
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村
by kenreitei | 2011-11-13 17:24

ハチの巣

県令邸を見上げたら
a0141072_1726684.jpg
また、蜂の巣を発見してしまいました。葉っぱに隠れていたのですね。
a0141072_17254834.jpg
2011.11.8撮影


にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村
by kenreitei | 2011-11-08 17:32

11月4日

a0141072_2152870.jpg
2011.11.4
a0141072_2161066.jpg

a0141072_217533.jpg

a0141072_2173754.jpg
そろそろ蔦の葉がなくなります。
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村
by kenreitei | 2011-11-04 21:10

オウチシリーズ

a0141072_19431727.jpg

オウチシリーズとレンガ邸の種類が増えました。
a0141072_19504345.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村
by kenreitei | 2011-11-01 19:51

在りし日の石井県令邸

私邸は、北上川、中津川の流れによって形成された河成段丘に当たり、洋館は表側から見ると2階建、裏側から見ると3階建に見える。また、旧石井邸・南昌荘・大清水多賀の庭の水は、段丘崖の崖裾に湧出するもので、当時はいずれも相当な量の清冽な水が湧いて、堰をなして遠く鉈屋町裏の旧市立病院の辺りで北上川に流出していた。旧石井邸の庭の一部には、水源に御影石で二段に框取りした自然の井戸があっていろいろと利用していた。大清水多賀、大清水小路そして清水町の名は、これらの湧水に由来するものである。
 正門は上衆小路に面し、裏門は大清水小路に抜ける広大なる屋敷地で、道路から右側に、旧瀬川邸—後の金田一氏邸(現南昌荘、信金土蔵)、裏の南露地に面する太田惣六氏邸(現キンダーホーム敷地)に隣接していた。
 上衆小路の通りから4〜5メートル入った辺りに立派な木造の門があり、門を入れば左右に杉木立があって鬱蒼としていて、昼なお暗いという感じのゆったりした通路(アプローチ)になっていた。通路は建物の近くで急に幅が広くなり、サツマイモを縦に切って伏せたような長い築山があって、これにもヒバやスギが生えていて、子供には島に見えた。知事時代、網張温泉に馬で往き来したというから、これは馬車を廻すための車廻しだったようだ。門のそばには細田さん(洋機織業)という門番の方が住んでいた建物があり、この建物の一番後には厩として使ったのではないかと思われる部屋があった。 
 ツタで被われた3階建ての豪壮な洋館は、母から聞いた話によると、盛岡の監獄に入っていた赤い服を着た囚人たちの手で出来たものだという。
 玄関の所には鐘がぶら下がっていて、紐を引っ張って鳴らしては叱られたものだ。丈の高いトンネルに似た形の入り口を入って石の階段を登ると、ドアがあって、その内側が玄関ホールになっていた。ホールの直ぐ左手にごく小さな部屋があって、そこには大型のオルゴールがあり、いたずらして鳴らすと、いつまでも鳴っていた。大正時代あんな大型のオルゴールを設備したことなど、さすが「お上」もなさるもんだと思った。玄関から入って左手は「お上」の書斎、右側が応接間、突き当たりが食堂になっていた。
 どの部屋も天井は高く、綺麗な縁取り模様のある白い天井で、真ん中あたりからは、すごく立派なシャンデリアがぶら
下がっていた。床はどの部屋も幅の広い寄木造り、各部屋の入口は、子供の丈の2倍以上もあるように見える重々しい感じの扉で仕切ってあり、仕切り壁は、床から1メートルくらいまでは床や扉と同じに見える板で張ってあり、木で出来ている部分は、僅かに底光りする焦茶色の塗料で仕上げてあった。各壁の板張りから上は天井までなにやら古めかしい模様のあるくすんだ色の壁紙が張ってあった。子供の私達には、壁紙の継ぎ目がどこにも見あたらないのが不思議であった。
 母と私は「お上」ご一家と一緒に食堂でご馳走になった事がある。ライスカレー以外に洋食なる物を食べた事がない私には誠に珍しいものだったが、それにもまして印象深かったのは、畳一枚より少し大き目な額が2枚壁にかかっていて、1枚は野菜、1枚はお魚が日本画とも油絵ともつかない不思議な筆法で描かれた見事な絵だった。それは、野菜づくし、魚づくしというにふさわしいものだった。食卓は大変大きな小判型をしていて、子供の私には板の継ぎ目がないように思えた。応接間との仕切りになっている壁には暖炉があって、両方の部屋から使えるようになっていた。
 3階は天井裏を利用したもので、使用人の寝室兼居室、倉庫(書画・骨董、その他美術品。書籍類)になっていたというが、あの当時は子供は立入禁止だった。
 洋館には、その東に続いて建てられた瓦葺きの平屋建(現望月邸の一部)があって西側の庭に面した和室がいくつかあり、日常の生活はここでされており、「お上」の書斎以外の洋室は、特別な時以外はお使いにならなかったように覚えている。洋館に行くのは、和風の建物の玄関の近くから地下室に行くように、コンクリートの階段を何段か下ったり上ったりして、洋館のホールに出るようになっていた。コンクリートの廊下には木製のスノコが敷いてあるのだが、コンクリートの面にぴったりしていないため歩く度にカターン、カターンと鳴る音が、地下廊下さながらの暗闇に反響し、曲がり角には黒ずんだ仏像が立っていてこっちを見ているという訳で、子供には何ともオッカナイ所だった。
 戦後、進駐軍の接収するところとなり、庭内に小熊を飼い、毎日、拳闘練習具を仰く音が騒々しくて、時には楽団演奏の音もあったが、接収解除後は杉木立は伐採され庭木も杉一本残してみな伐られて、暫時、岩手県庁の書類倉庫として使用されていた。(石井邸100年記念誌—瀬川経郎氏の証言を編集、渡辺敏男)


*「在りし日の石井県令邸」は、資料室に展示しております。


にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村
by kenreitei | 2011-11-01 01:21
line

旧石井県令邸とは?現在の県知事にあたる、第二代石井省一郎県令の私邸の洋館として、明治18~19年に建設されました。盛岡で最も古い本格的な煉瓦造の洋館で、全国的に見ても最初期のものです。


by kenreitei
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite